医者

美容整形外科で新しい人生を生きる|容姿に自信を持つ

しわ治療の新しい方法

婦人

注入量を絶妙に加減する

東京の美容外科では、しわを改善するためにさまざまな治療を行ってきました。しわの治療で人気のあるのは、注射で施術可能なプチ整形です。プチ整形に使われる製剤には多種多様なものがありますが、その中でも代表格はヒアルロン酸とボトックスです。ヒアルロン酸は小じわを埋めたり、肌をふっくらとさせる効果にすぐれています。ほうれい線やマリオネットラインのようなくっきりと定着しているしわにも、ヒアルロン酸を適量注入すればしわをすっかり目立たなくすることが可能です。東京の美容外科医は、ヒアルロン酸を注入するときに多すぎず少なすぎずぴったりの量を調節して注入する技術を持っています。たとえばおでこのしわを改善する場合に対し、こけた頬をふっくらさせる場合は2倍程度のヒアルロン酸が必要なので、そういった見極めを正しく行うのです。

ビスタシェイプで解決

東京の美容外科はボトックス注入も非常に得意としています。表情筋が動くことによってできるしわにはボトックスの方がヒアルロン酸よりも適しているとされています。ただそのために、顔の複数のしわを一挙に改善しようとする場合にヒアルロン酸やボトックスを単体で使用すると、今ひとつ効果が万全でないというケースもこれまでにはありました。そこで東京の美容外科では、ヒアルロン酸とボトックスの両方の長所を生かしたプチ整形を行い、患者の好評を得ています。それはビスタシェイプという方法です。ビスタシェイプの最大のメリットは、ヒアルロン酸とボトックスのそれぞれの注入量を最小限に抑えながら全体的な顔の若返りを図ることができるということです。